予防接種

当院では日本小児科学会が勧めるワクチンジュールでワクチンを行っています。
生後2ヶ月がワクチンデビューの最適な時期です。生まれたばかりのお子さんへの注射はご心配もあるでしょう。当院では、ワクチンをできるだけ不安なく接種できるようにお迎えしたいと思います。またご希望の方にはその時に身体測定、授乳の相談、スキンケアのお話しもさせていただいています。
お子さんの健康な時のご様子を知り、毎月の成長の喜びをご家族と共有させていただき、体調を崩した時には、安心して受診していただけるかかりつけ医院を目指しています。

ワクチンの種類

ワクチンは製造方法から以下の二つに大別され、それぞれ特徴があります。

①生ワクチン

病原性を弱めた病原体(ウイルス、細菌)からできています。接種すると、その病気に自然にかかった場合とほぼ同じ免疫力がつくことが期待できます。一方で副反応として、軽度で済むことが多いですが、その病気にかかったような症状が出ることがあります。
代表的なワクチンとしては、MRワクチン(M:麻しん、R:風しん)、水痘(みずぼうそう)ワクチン、BCGワクチン(結核)、おたふくかぜワクチン、ロタワクチンがあります。

②不活化ワクチン、組み換えたんぱくワクチン

ウイルスや細菌の病原性(毒性)を完全になくして、免疫を作るのに必要な成分だけを製剤にしたものです。1回接種しただけでは必要な免疫を獲得維持できないため、一般に複数回の接種が必要です。
代表的なワクチンとしては、DPT-IPV:四種混合ワクチン(D:ジフテリア・P:百日せき・T:破傷風・IPV:不活化ポリオ)、DT:二種混合ワクチン(D:ジフテリア・T:破傷風)、日本脳炎ワクチン、インフルエンザワクチン、B型肝炎ワクチン、肺炎球菌ワクチン、ヒトパピローマウイルスワクチンがあります。

ワクチンの長所と副反応

長所

免疫ができることによって、感染や発症の確率を大きく減らすことができます。 またもし感染したり発症しても、症状のある期間が短くなったり、重症化を防いだりする効果も期待できます。具体的には乳幼児がかかる細菌性髄膜炎の原因の80%を占めるヒブ(インフルエンザ桿菌B型)と肺炎球菌に対する予防接種が導入されてから、ヒブが原因の髄膜炎は98%減少したとの報告もあります。*細菌性髄膜炎は年間約1000人の子どもが罹ると推測され、そのうち約5%が亡くなり、約25%に重い後遺症を引き起こす病気です。

副反応

軽い副反応としては接種後の腫れ、発赤、硬結が比較的良くみられます。全身に起こる副反応としては発熱、食欲低下、不機嫌、下痢などがあり、重篤な副反応としてアナフィラキシーなどが0.1%未満の方に起こり得るとされています。腫れ、発熱などは1-2日で落ち着く場合が多いですが、程度が強い、長く続くなどの時には受診してください。ワクチンの種類によって副反応の出方や時期が異なるので、ワクチン前に説明文に目を通していただき、ご不明な点があればご相談ください。またできるだけ副反応が起こらないように、ワクチンを接種するのは体調の良い時にしましょう。

乳幼児健診

当院では草津・栗東市在住の方の四か月健診を行っております。
四か月健診では、一般的な診察に加え、体重が増えているか、首がすわっているか、股関節の動きに制限はないかなどの診察を行います。ものを目で追う、あやし笑い、肌の状態なども確認します。
普段のお子さんとの生活で気になっていることなどを遠慮なくお聞きください。